FP2級の難易度の実情

ここまで読んでくれたら、FP2級合格に必要なマインドを理解できたと思います。
次にFP2級はどのくらいの難易度なのか理解する必要があります。

まずは最新の合格率を見てみて行きます。

2010年9月FP2級合格率

  受験者数 合格者数 合格率
学科試験 13,430人 5,790人 43.11%
実技試験 13,528人 4,957人 36.64%

2010年9月FP2級合格率(学科試験と実技試験受検者)
受験者数 合格者数 合格率
10,677人 3,331人 31.20%

過去の合格率を見てもあまり意味がないので、 最新の合格率だけにしました。
毎年上記のような数字です。

まず説明しておきたいのは、FP2級の試験は、 学科と実技の2つの試験があり
、片方だけ受検しても構いませんし、 両方受検しても構いません。

仮に一つの試験だけの合格でも、次回の試験からは合格した試験は免除されます。
つまり、同時に合格しなくても良いのです。

それで、上記の合格率を見て欲しいのですが、 同時受検の方は合格率が低く、片方だけでの受検の方は合格率が高くなります。
当たり前の話ですが、実はこの数字がFP2級の難易度を物語っています。

というのも、同時受検の場合は合格率が低くても納得いきます。
それだけ勉強量が多くなるので、簡単には合格させてくれません。

しかし、片方だけの受検で、勉強がラクになるにも関わらず、
意外と合格率が低いのです。
特に実技になると、同時受検とそんなに差はありません。
そう考えると非常に難易度の高い試験だとも言えます。

もちろん、この合格率を低いと見るか、高いと見るか人それぞれですし、
実際の難易度は勉強して見なくてはわかりません。

ただ、一つだけ言えることは、6割以上の方が不合格になる試験だと言うことです。
さらに、合格率が低い回になると、8割近くの方が不合格になることもありました。

ですので、ここまで学んできたことを理解して、
気を抜かず勉強に取り組んで欲しいと思います。 簡単な試験ではありません。


一発合格を狙う初心者に絶対おすすめ>>通信教育フォーサイトのFP講座


注目の通信講座

フォーサイト
FP講座概要

広告宣伝をしない分、教材の質を保ちながら、低価格を実現!
業界初のハイビジョン撮影講義やフルカラーのテキスト。
また、E-ランニングや受講者のサポートも充実。
全国平均の2.55倍の高い合格率を誇る。
ただいま期間限定キャンペーン中!


>> 詳しい情報、無料サンプル教材はこちら