通信講座か予備校を受講して下さい。

正直なところ、あまり通信講座や予備校の受講を進めることはしたくありませんが、
FP2級の合格を目指すなら仕方ありません。

それに通信講座や予備校を受講すれば、FP2級の受験資格を貰う事だって出来ます。
(日本FP協会の認定校になっていること)

ただ、勘違いしないでほしいのは、通信講座や予備校を受講したからとって 絶対に合格できると思わないで下さい。
合格できるかできないかは、あなたの努力次第です。

通信講座や予備校は、あくまでも合格の可能性を高める方法に過ぎません。

ただ、その可能性を少しでも高める方法はあります。
それが良い学校を選ぶことです。

テキストや問題集に善し悪しがあるように、学校にだって善し悪しがあります。
その良い学校を選ぶか選ばないかによって、合否に影響することも十分に考えられます。

例えば、通信講座を例に取ってみると、 CMで有名な誰もが知っているであろう、
通信講座があります。

そこの学校は、知名度が高い分受講者は多いのですが、 講義が聴けません。
つまり、独学とほとんど変わらないのです。

ですが、多くの人は大手だから安心だろうと思ってしまい、 その学校を選んでしまいます。

通信講座や予備校である前提は、あくまでも講義が聴けることです。
それがなくては、受講する意味がありません。

なので、合格できるような学校を選ぶ目を養って下さい。

それでは、良い学校のポイントいくつか上げていきます。
失敗したくないなら、必ずこの通りに選んで下さい。

通信講座の選ぶポイント
●講師の顔を見ながら講義が聞けること
音声だけでは、学習効果が落ちるので、必ず講師の顔を見ながら勉強できるように DVDなどで視聴できるものにして下さい。

●講義はハイビジョン撮影していること
従来のように教室での講義をそのまま撮影しているものや、講師と目線が合わないような 撮影方法では、臨場感にかけて眠くなります。
このような撮影方法は、予備校が行なっていますので、予備校を受講する場合は、
通信ではなく、通学してください。金額もさほど変わりません。

その点通信講座専門校なら、通信専用にハイビジョン撮影しているところもあり、
講義に迫力がでて、学習効果を高める働きがあります。

●テキストはフルカラーであること
テキストがわかりやすかったり、図表化されていたりすることは 何処の学校も工夫しています。 ただ、フルカラーにしているところは余りありません。
フルカラーにすることで、脳に刺激を与え記憶の効果を高めることが出来るので、
後々大きな差になって現れます。

予備校の選ぶポイント
●無料体験講座で内容を確認すること
予備校の場合受講してみなければ、講座の善し悪しは正直わかりません。
なので、無料体験講座を用意している学校が多いので、それを受講して 内容を確認して下さい。 そして、自分の直感で良いと思った学校を選んで下さい。

尚、通信講座にもいえることですが、受講料の高さと内容は比例しません。
安ければ悪くて、高ければ良いという概念は捨てて下さい。
あくまでも、講座の内容が全てです。


一発合格を狙う初心者に絶対おすすめ>>通信教育フォーサイトのFP講座


注目の通信講座

フォーサイト
FP講座概要

広告宣伝をしない分、教材の質を保ちながら、低価格を実現!
業界初のハイビジョン撮影講義やフルカラーのテキスト。
また、E-ランニングや受講者のサポートも充実。
全国平均の2.55倍の高い合格率を誇る。
ただいま期間限定キャンペーン中!


>> 詳しい情報、無料サンプル教材はこちら